« 目覚めて ありのままに 共に 生きていこう | トップページ | 2008節分のビデオの一部を公開 »

2008/02/08

オンリーワンの行事が誕生

今年の節分。
昼間に雨が降った。
ぎりぎりまで待ったが、
水蒸気による火傷が心配で
外で行う大護摩火渡りは取りやめ。
そこで急遽、考え出されたことがあった。
これは、W師とN氏のおかげである。

まず、室内で不動三段護摩を焚く。
20080203001 火天に祈り
浪切不動尊に祈る。
諸尊に祈る。

炎が高く立ち上がり
そこに本尊を観想し
我もまた不動尊と観じる。
不動の布字観をなし
その炎の中の不動尊と我と一体であると感じ
まずは自身の煩悩を燃やし尽くす。
2008020300220080203003  そしてその後に、
信者さんに中に入っていただき
護摩札を手渡してもらう。
そこで、立ち上がる炎で
護摩札を直接に焙る。
その最中に不動尊の前に行っていただき
祈りを捧げていただく。
戻ってきたらお札を受け取っていただき
また元の席に戻っていただく。

20080203004  護摩の炉の中の
火の点った護摩木の炭を
得度済みの係りのものと
僧侶であるW師に手渡して
火鉢に移していただく。
20080203005その火鉢を、
本堂の
右手の金剛界曼荼羅の前に五つ
左手の胎蔵曼荼羅の前に三つ
セットしていただく。


次に私が本尊の前に移る。
信者さんに次は真ん中の本堂に入っていただき
お一人お一人に洒水を施し
20080203006 火鉢を跨いでいただいたり
火鉢の間を通っていただく。
そうすることで
両部の曼荼羅の世界に
参入することになる。
途中ですべての観音の元になる聖観音と
すべての観音の行き着いた先の千手観音を
祈っていただく。
また護摩の煙に
身を包んでいただくことで
燻すことにもなる。

五つとは五智。
 東 アシュク 大圓鏡智
 南 宝生 平等性智
 西 阿弥陀 妙観察智
 北 不空成就 成所作智
 中央 大日 法界体性智
三つとは
 仏部  身密
 蓮華部 口密
 金剛部 意密

意味的には不動尊の炎によって煩悩を焼き
右手に持てる智剣によって荒波を切り開き
両部の曼荼羅の世界に入って
ありとあらゆる仏と共に生き
本尊観音菩薩の大悲に包まれていただく。
そして新たな年をより良い年として
迎えていただくように祈るのが
この行事のありかた。
もっと言えば
不動尊と洒水によって目覚めていただき
曼荼羅の世界
観音の大悲の元皆と共に歩むというもの。
この行事の中で
最近、気になり始めていた
三帰依を意味づけさせることができたと思う。

今回の雨はまさに恵みの雨。
おかげで、世界でどこも行われていない行事が
一つ生まれた。
まさにオンリーワンだ。
まだまだ改良点は多々あるし
意味づけももっと深くなっていくことができるだろう。
ここからこれをもっと洗練されたものへと
もって行きたいと思う。

|

« 目覚めて ありのままに 共に 生きていこう | トップページ | 2008節分のビデオの一部を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンリーワンの行事が誕生:

« 目覚めて ありのままに 共に 生きていこう | トップページ | 2008節分のビデオの一部を公開 »