« 金剛舞菩薩 1月供養部 | トップページ | 梵天 1月天部1 »

2008/01/21

金剛夜叉明王 1月守護部

金剛夜叉明王 オン バザラヤキシャ ウン 

[特徴]
不空成就如来または金剛牙菩薩(摧一切魔菩薩)・虚空庫菩薩の所変で、北方を守護ずる明王。一切の魔を摧破し、一切の悪・煩悩を噛み砕いて飲み込んでしまう。また悟りの道に応じないものや、悟りを邪魔するものを、調伏する。五大明王の一。烏樞瑟摩明王(うすさまみょうおう)と本誓が同じなので、同体とする説もある。天台宗では、烏樞瑟摩明王を金剛夜叉明王の代わりに五大明王とする。

<<メッセージ1>>
下座行を行い、周囲の汚れを落とそう。その下座行こそが、あなたの内なる魔障を摧破する。
《解説》
掃除などの下座行は、周囲環境を浄化していく。周囲環境はあなた自身の心の顕れ。その周囲環境を浄化することで、あなた自身の心身も浄化されていく。掃除はたんなる掃除にあらず。あなたの中の煩悩を摧破する大切な行であることを知ろう。

<<メッセージ2>>
叱られることは、煩悩の摧破であり、心の浄化に繋がる。何への怒りなのかを見つめれば、怒りもまた大切なもの。
《解説》
人を叱る場合には、慈悲が必要。叱る際は烈火のごとく叱らねばならないが、それは人に対してではなくその人のもつ煩悩に怒りを向けることが大切。そうすれば、叱った後に、即座に叱った相手の良い点を褒めることもでき、その人のやる気を削ぐことなく、よりやる気を増進させる。
また逆に、あなたが叱られた場合は、あなたが責められたのではなく、あなたの中の煩悩を噛み砕いてくれていると捉えよう。その瞬間に、あなたが背負ってきた悪業が消え去り、より浄化されているのだ。
精進を邪魔するのは怠惰という魔。その魔を砕くには、怒りは重要。あなた自身に怒りを向けるのではなく、あなたの中の煩悩に怒りを向けよう。あなたがあなた自身を叱ることにより、あなたのなかの煩悩が摧破され、心が浄化されていく。

|

« 金剛舞菩薩 1月供養部 | トップページ | 梵天 1月天部1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17771157

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛夜叉明王 1月守護部:

« 金剛舞菩薩 1月供養部 | トップページ | 梵天 1月天部1 »