« 釈迦如来 1月仏部 | トップページ | 金剛舞菩薩 1月供養部 »

2008/01/21

准胝観音 1月菩薩部

准胝観音 オン シャレイソレイソンデイ ソワカ

[特徴]
六観音の一。功徳無量の陀羅尼を尊格化した現れたもの。過去無量の諸仏の母。未来の福徳薄い衆生を憐憫し、菩提心を生じさせる大悲を有す。得度のときの本尊。その救いは、在家出家を問わず、善人悪人を問わず、浄穢を問わないという。七倶胝というのは七千万という意味で、多数を表す。この尊の陀羅尼を唱えることにより、無量の功徳を得られるという。

<<メッセージ1>>
過去の自分を洗い流し、今、第一歩を踏み出そう。未来は大きく開けている。
《解説》
准胝観音は得度のときのご本尊。過去の生き方を変え、新たな道を踏み出すときにお祈りをするのに最適である。過去の無量の功徳を生み出す元を象徴している。あなたの過去はその功徳で洗い流され、新たな一歩を踏み出すことができる。畏れず、思い切って歩み始めよう。未来は大きく開かれている。

<<メッセージ2>>
あなたが今までどのように生きてこようと未来を憂うことはない。
《解説》
准胝観音は、過去諸仏の徳目の母であり、未来の福徳薄い衆生を大悲をもって救う観音である。いままであなたがどのように生きてきたからといって悩み苦しむことはない。准胝観音は在家出家を問わず、善人悪人を問わず、福徳の薄い厚いを問わず、救いの手を差し伸べるからである。あなたは今このときに救われたのだ。過去に生きるのではなく、准胝観音に祈りを捧げ、今を生きよう。今を生きれば、あなたの未来は開けていく。

|

« 釈迦如来 1月仏部 | トップページ | 金剛舞菩薩 1月供養部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 准胝観音 1月菩薩部:

« 釈迦如来 1月仏部 | トップページ | 金剛舞菩薩 1月供養部 »