« 准胝観音 1月菩薩部 | トップページ | 金剛夜叉明王 1月守護部 »

2008/01/21

金剛舞菩薩 1月供養部

金剛舞菩薩 オン バザラニリテイ キリタ

[特徴]
大日如来が事業活動を司る北方不空成就如来を供養するために流出した供養の菩薩。舞は妙なる動きであり、活動を意味する。その活動は精進することに繋がっている。また舞は六神通(神足通・天眼通・天耳通・他心通・宿命通・漏尽通)をも象徴する。

<<メッセージ1>>
今こそ実行のとき。物事が障りなくうまく行くとき。舞のように楽しみながら行動をしよう。
《解説》
ものごとがうまくいく活動には、舞のような美しさがある。守護尊カードは、舞のように美しい行動をあなたに促している。すでにその力を得ているということだ。舞の美しさには障りはない。同じようにあなたの行動に、障りはない状態になった。体を動かそう。心の奥底からの楽しみを感じるように体を動かそう。今こそ行動のとき。

<<メッセージ2>>
まずはあなたの型を極めよう。その型を抜け出るとき、あなたは自由自在に動く者となる。
《解説》
ダンスを踊るにしても、武道をするにしても、演技をするにしても、芸事をするにしても、技術ごとをするにしても、何事をするにしても、活動の全ては型から始まる。先人たちが工夫に工夫を重ねてきて生まれた型。その型が出来上がったのには理由があるはずだ。型を修めたものが、その型を破り自由自在の境地を得られる。相撲も型のあるものが強い。剣術も柔術も、華道も茶道も流派がある。演技の世界も踊りの世界も、密教の作法にも流派がある。そこには先人の知恵が凝縮されている。どんな道も、どんな活動も自分の型を持ったものが強い。しかし、その型にこだわりすぎてはならない。他者の型をむやみに批判してはならない。人にはそれぞれの個性があり、型といっても、それはその型は、その型を作った人に合ったものだからだ。人それぞれの型がある。一度は先人の型を真似、身に修め、その後はその型を一度は捨て去る必要がある。型を捨ててもその影響力は、確実にあなたの中に残っている。その捨て去り、先人の型を破ったところで、あなたなりの型が生まれてくる。あなたにはあなたの型がある。その型を見つけ出し、工夫に工夫を重ね、あなたなりの型を作ることが必要だろう。
精進するとは、むやみやたらに続け努力することではない。工夫に工夫を重ねた努力継続こそが精進であり、型を修めることだ。その型には、舞を舞うような美しさが伴う。美しき動きには、強さもしなやかさも伴う。自由自在の舞のような動きになるまで、工夫に工夫を重ねて型を身に修めよう。守護尊カードは、あなたに、型を守り、その型を破り、あなたなりの型を作り出すことを求めている。

|

« 准胝観音 1月菩薩部 | トップページ | 金剛夜叉明王 1月守護部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金剛舞菩薩 1月供養部:

« 准胝観音 1月菩薩部 | トップページ | 金剛夜叉明王 1月守護部 »