« 金剛拳菩薩 12月菩薩部 | トップページ | 毘沙門天 12月守護部 »

2007/12/20

金剛鈴菩薩 12月供養部

金剛鈴菩薩:オン バザラベイシャ コク

[特徴]金剛界四摂菩薩の一。。大日如来が、解脱の歓喜を表現し、般若波羅蜜によって衆生を迷いから覚めさせ、精進することに導くために流出した北方門の菩薩。鈴の音はありとあらゆるところに鳴り響き渡り、その音楽は人の心を喜ばせる

<<メッセージ1>>
今の道を精進せよ。そこには、あなたをも他者をも歓喜させる響きがある。
《解説》
情に流されたり、知に傾いたりする言葉から離れることにより、大きな迷いから逃れることができる。そこにはあなたを活かす道が大きく広がる、迷うことなく、今の道を進もう。そこには妙なる調べがある。妙なる調べは、あちこちに広がり響く。あなたの精進の道は、あなた自身をも他者をも歓喜に導くものだ。守護尊カードは迷うことなく、今の道を進むことを告げている。

<<メッセージ2>>
精進せよ、精進せよ。他を振り向かず、ありのままのあなたの道を歩め。
《解説》
怠惰な道も、厳しすぎる道も、あなたを喜ばせるものではない。あなたをこの世の不確実なものに縛りつけているのだ。あなたの道を精進するとき。他を振り向かず、あなたの道を精進することにより、あなたは歓喜の響きに包まれていく。そこは絶えること無き妙なる調べが鳴り渡る歓喜の場所だ。情に溺れることなく、知で止まることなく、精進して、あなたの道を胸を張って歩もう。

|

« 金剛拳菩薩 12月菩薩部 | トップページ | 毘沙門天 12月守護部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金剛鈴菩薩 12月供養部:

« 金剛拳菩薩 12月菩薩部 | トップページ | 毘沙門天 12月守護部 »