« 2006年12月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

待つということ

2007年平成十九年11月28日月例不動護摩での法話の一部。

最年長の信者のAさんが、転んで頭の一部を怪我された。そこで、今回の話。転ぶ時のほとんどが、身体が前のめりになり、足が付いてこないとき。何かに躓くときも、基本的には上半身が先に進んでいるときに起きやすい。

これは個人についてだけ言えることではない。30年前に比べて、社会的にも個人的にも時間が短くなった。田舎から東京への出張も、日帰りが多くなっている。新幹線や飛行機が当たり前となった。そこには、一つ一つの地方の駅を止まったり、その地方の景色を見るという情景はない。また宿泊し、ゆっくりとするという余裕もない。かつて江戸末期、福沢諭吉たちは船で太平洋を渡った。あの頃の知識人たちは今の人たちに劣るであろうか?いや、むしろより高度な頭脳を持っていたように思える。

自動車のハンドルも、遊びがあるからこそ用を足す。最近は、どうもこの余裕の部分が少なくなっているのではないだろうか?

今、求められることは「待つ」ということ、まさに一休宗純禅師の「一休」に繋がる。

面白い本に出会った。『待つということ』角川学芸出版 著者は大阪大学教授の鷲田清一氏。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047033960/prpmenade-22  心地よい。文体でとても読みやすい本だった。筆者は、今の時代のアンチテーゼを打ち出した。

Aさんが怪我をされたのも、今日のお護摩に参加された方々へのメッセージかもしれない。深くAさんに合掌をして感謝した。12月師走も眼と鼻の先。だからこそ、この一ヶ月は「待つ」ということを大切にしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

大黒天 11月天部2

大黒天: オン マカギャラヤ ソワカ

[特徴]元々は荒々しい破壊戦闘と死を司る神。その大黒天には三つの性格がある。戦闘・財福・冥府の三つである。シヴァまたはドゥルガが世界を破壊するときに化身する姿ともされる。隠形・飛行に長じ、不老長寿の薬にも長じているために、傷つかず・自由自在に顕れ隠れるということから戦闘破壊の神として尊崇された。梵名Mahākālaのkālaには時の意味があり、現在過去未来の三世を越える神。そこから。死を超える閻魔神と同体とされ、冥府の神と、もされる。インドの寺院では厨房にこの神を祀ったところ、足りなかった食材がみたされたという伝説があり、そこから厨房の神・財福の神として崇められる。俵の上に乗り、袋を背中に担ぐ七福神として有名な大黒天は、日本の大国主命とその音が似ていることにより合柔された姿。

<<メッセージ1>>
食を意識しよう。医食同源、食は養生の薬でもある。
《解説》
インドの仏教寺院の厨房では、大黒天が柱に祀られていたことが、『南海寄海伝』に記されている。そこから日本の仏教寺院でも大黒天が祀られることは少なくない。これにまつわる伝説がある。ある寺院では百人の僧が寝起きしていた。そのために毎日の食事は百人分であった・ところが、あるとき五百人の僧がやってきて、食を調える時間がなくなってしまった。そこでこの大黒天に祈ったところ、百人の食材で全て賄うことができ、過不足がなかったという。そこからも厨房の尊象として崇拝を受けた。厨房は食事の場である。守護尊カードは、食事に意識を傾けることを勧めている。大黒天の一つの顔に不老長寿の薬を司るものがある。医食同源、食事もまた大切な薬。体調が思わしくない人は体調に合わせた食事を、体調に問題がない人は平生養生のための食事をしよう。

<<メッセージ2>>
破壊と豊穣は表裏一体。欲に振り回されることなく、自らを律し、今の道を歩め。
《解説》
厨房の神であり、財宝の神であり、大自在天の破壊面を象徴した神でもある大黒天。日本では大国主命と同一視され、右手に打ち出の小槌、左手に大きな袋、足元には俵がある。大国主命は、すさぶる神である素盞鳴尊(スサノオノミコト)の子孫で、少彦名神と共に国の運営をよくし。国造りの神として尊崇される。大黒天は、その名前・性格・出自から大国主命と同一視された。
大黒天は、財宝をもたらす神である。その力は絶大であり、欲望という波に飲み込まれると、それは破壊に繋がる。自らを律せよ。欲望という波が襲ってきたら、大黒天のもう一つの顔である破壊神の持つ刀でその波を切り払え。あなたの中の波のような欲望をよく破壊せよ。その欲望が破壊され、あなた自身を律したとき、あなたに豊穣がもたらされる。守護尊カードは、破壊と豊穣をよく知るようにあなたに勧めている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

風天 11月天部1

風天:オン バヤベイ ソワカ

[特徴]八方天、十二天の一。西北の守護神。インドでは世界最初の原人プルシャの胸から生まれ、息と関連深い。有名な物語の『ラーマヤナ』のハヌマーンや『マハーバーラタ』のビーマの父である。また風が荒ぶると山をも砕くことから、力の強い神として尊崇される。この風天が、ガルーダのいない隙に須弥山を吹き飛ばしてできた島がスリランカであるという。一方、風は速きこと並ぶものがいために疾速の象徴であり、一切の衆生を救うことが早いことをも意味する。

<<メッセージ1>>
外に出て風を皮膚で感じよう。風の持つ性質を見よ。風は目に見えなくとも力強く、一切の塵を払い、熱を冷まし、隙間を通り抜け、ものをよく運ぶ。あなた自身が風であれ。
《解説》
風は目に見えない。しかし、台風が起きれば、その威力は凄まじい。大木をなぎ倒し、家々さえ破壊する。同じように、煩悩を破壊するのに絶大な力を発揮する風のようであれ。風は一切の塵を払い去るように、煩悩という塵垢を吹き飛ばす風のようであれ。風は熱いものをその冷気でよく冷ますように、煩悩という灼熱をよく冷ます風であれ。風は隙間があれば、そこに入り込み、通り抜けていくように、何物に執着しない風であれ。風は、力強く物を運ぶ。飛行機も凧もみな風に乗る。同じように、あなたも衆生を運ぶ風であれ。風を感じ、風の持つ性質を観じ、あなた自身が風となって、衆生のためによく活動せよ。

<<メッセージ2>>
呼吸をよく統御しよう。呼吸は、最良の薬。呼吸は力の源。はいて、吸う呼吸を強く意識しよう。
《解説》
呼吸をよく統御するよう、守護尊カードは求めている。呼吸は、その字のように、息をはいて吸うという順がある。まずゆっくりとゆっくりと、息を吐く。あなたの中の煩悩や障碍・濁りを外にまず出すことから始める。そして、自然に体の中の熱を冷ます清き風を中に入れ、新たな力を得よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孔雀明王 11月守護部

孔雀明王:オン マユラギランデイ ソワカ

[特徴]孔雀は毒草毒蛇などを食べ、あの美しい羽を保つ。同じように孔雀明王は三毒(貪・瞋。痴)をよく食べつくして取り除き、業障を除くという。孔雀明王の本誓は一切衆生の諸毒を除くことである。

<<メッセージ1>>
あなたの中の毒を変化させよう。変化した毒は薬になり、また孔雀のような色鮮やかなあなたの羽根となる。
《解説》
薬は多量に使用すると毒になる。逆に毒は微量に用い、自らの病にあわせて用いれば、大いなる薬となっていく。あなたの煩悩を見つけ出したのならば、それを社会の治癒薬として用いよう。貪る心は、世界平和や万物の幸せを深く求める心へと変化させることができる。瞋りの心は社会悪に対しての怒りや、煩悩業障への怒りへと昇華できる。痴の心は、多くのものを学ばねばならないという謙虚な心へと結びつくことができる。煩悩を消し去るのではなく、煩悩を見つめ、自らの制御の下に置いたとき、煩悩は大きな社会への薬となる。
守護尊カードは、あなたに孔雀のように煩悩を食べ、それを彩り鮮やかな羽根にすることを求めている。その彩り鮮やかな羽根は、社会を変え、そしてあなた自身をも変化させていく。

<<メッセージ2>>
感謝の思いと言葉と行動を持てば、煩悩も災難も転じて、彩り鮮やかな幸福へと導いてくれる。
《解説》
煩悩や災難は辛いものだ。しかし、その煩悩も災難も、無始のかなたより積もり積もらせた罪業の結果に顕れたものであると知ると、その罪業が消えてしまったことであることも知ることができる。煩悩や災難で辛いことがあったときこそ、感謝の念を持ち、口に感謝の言葉を述べ、感謝の行動をとろう。そのときに忍辱波羅蜜を実践することになり、今度は逆に未来のすばらしい結果を生む種をまくことができる。その種は、彩り鮮やかな幸福という花を咲かせるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛灯菩薩 11月供養部

金剛灯菩薩: オン バザラロケイ ジク

[特徴]阿弥陀如来が大日如来を灯明で供養するために流出した菩薩。阿弥陀如来は智慧門を司る。灯明は暗い場所を明るくする。無明という暗闇を破り、ありのままに物事を見出す智慧を象徴している。そのありのままに見出す眼こそ、仏眼仏母の五眼である。

<<メッセージ1>>
あなた自身が光となって、暗闇を照らし出そう。慈悲と智慧の力で優しく照らし出そう。そして、その灯火を広げていこう。
《解説》
灯火は、山を延焼するような灼熱の炎ではない。優しく穏やかで思いやりを有する火。暗闇を照らし出し、恐れや不安を取り除いていく。数多くの灯火も、たった一つの灯火から広がっていく。灯火が多く集まれば、暗闇は消え去り、ありのままに物事が見えてくる。あなた自身が灯火になって、他者の灯火を点けていこう。あなたのその思いが他者の心に新たな灯火を点けることができる。その灯火が友を作り出していく。
守護尊カードは、あなたに友の大切さを語っている。友はあなたを照らし出す灯火であり、またあなた自身が友の灯火である。その友の輪を広げていくチャンスを得ているのだ。人は一人で生きているのではない。しかし、ものごとをなしていき力はたった一人の熱き思いから始まっていく。あなたのその思いを具現化するために、あなた自身が光の光源であれ。他者の蝋燭に火をともしていく、最初の灯火であれ。

<<メッセージ2>>
明かりを点そう。暗闇を照らし出そう。ありのままに観察しよう。永続する苦など何もない。恐れるものも悩ますものも何もない。
《解説》
全ての明かりを消して、しばらくその暗闇に身を置く。するとあれこれ想像をしてしまい無用な不安が沸き起こる。そこに一つの灯明を照らす。その明かりが心を穏やかにさせ、ありのまま照らし出してくれる。そこに無用な想像が介入する余地はない。しかし、その灯火も暗闇があるからこそ、灯火としての役目を果たしているのだ。暗闇があるからこそ、灯火を明かりとして認識することができる。
あなたが今、暗闇の中に居るのならば、そのことに感謝しよう。それは灯火を強く認識することができるからだ。暗闇そのものに感謝するのではなく、暗闇に居て、自分の中が照らし出されることに感謝しよう。その感謝の思いが、あなたの中の灯火をより強く、より優しく輝かせる。その輝きで暗闇を照らせば、永続する苦や恐れ不安などは、無用な創造の産物であることを知ることができる。
守護尊カードは、あなたに明かりをともすことを薦めている。暗い部屋で実際に蝋燭を点けてみるのもよいだろう。その蝋燭の灯火を見つめ、暗闇を照らし出すすがたを観察してみると良い。そして、一本の蝋燭が、数多くの灯火の最初の一本であることも知ろう。あなたの中の熱き思いを思い出せ。あなた自身が、灯明となり、他者の燭台に明かりをともすときが来ている。あなた自身が、最初の灯火であれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

如意輪観音 11月菩薩部

如意輪観音:オン ハンドメイシンダマニジンバラ ウン

[特徴]六観音の一。在家・出家を問わず財物・教えを衆生に与えて救う観音。財物の布施をよくする如意珠、法を転ずる輪。また福徳を示す如意、智慧を示す輪。この尊は六本の手を持ち、六道(天・人・阿修羅・畜生・餓鬼・地獄)より導き救うことを意味している。蓮華部と宝部の両方に属す観音。

<<メッセージ1>>
願いは叶えられている。次はあなた自身が、財を施し、法を伝えていこう。
《解説》
如意輪観音はよく財を施し、法を転じる菩薩。守護尊カードは、あなたあが如意輪観音によって、よく導かれていることを示している。すなわちあなた自身の願いは、目に見える形で現実化していなくともすでに叶っていることを意味している。それゆえに、他の願いに応じて財を施し、法を伝えよう。相手も潤うと同時に、あなた自身も心身ともに願い以上に潤っていく。

<<メッセージ2>>
気づいているか?心の奥底で願っている財物と法が既にあなたに授けられていることを。
《解説》
欲しい欲しいと願っていると、得られるものも得られない。欲しいと強く思うことは、それは自分の手元にないと規定してしまうことだ。手元になくとも、既に得ている、既に手に入っていると想い、感謝しよう。如意輪観音に祈りを捧げ、「ありがとう」、「感謝します」と手元に入る前に言葉に出して感謝しよう。そのとき、あなたが望む以上のものを速やかに得ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖観自在菩薩 11月仏部

聖観自在菩薩: オンアロリキャソワカ

 (本来は観音部や菩薩部に入れる菩薩ですが、
  胎蔵曼荼羅中台八葉院の四菩薩でもあるので、あえて仏部に入れました。)

[特徴]勢至菩薩と共に西方極楽浄土の阿弥陀如来の脇侍。あらゆる変化観音の元。阿弥陀如来の因位であることから阿弥陀如来を化仏として頭の上に乗せる。大悲を誓願とし、生死苦海に溺れる衆生の声を聞き、ありのままに観察し、さまざまな姿に変化して救う。白肉色であるのは大悲を表す赤と清浄を表す白との両義を示している。南の海にある補陀洛山を本拠とする。密教では観音ではなく聖観自在と呼ぶことが多い。自性清浄・法・大悲を象徴する。得自在清浄法性如来とも呼ばれる。

<<メッセージ1>>
ありのままに観察し、苦海に溺れるものに手を差し伸べよう。そこに観自在菩薩がいる。他者を救うものは自らも救われる。
《解説》
大慈は楽を与えることであり、大悲は苦を抜き去ること。棘が刺さっていれば抜かねばならない。痛みがあればやわらげねばならない。観自在菩薩は、自由自在にすべてをありのままに観察し、さまざまな姿に変化して苦しみもだえる衆生を救う。その救いは大いなる道。目先の小さな苦しみから救うことよりも、大きな悲しみや苦しみから救うことを大切にしている。小さな苦しみは他者をいたわる心を育てる。そのいたわる心が、他者を救う大悲の心に繋がり、そして他者を救う言葉や実行が、実は自らを救っていく。その瞬間に苦しみの海に溺れる者さえも観音の変化身であり、さらに周りにあるすべてのものが観音の変化身であることを知り、さらに自らも観音であることを知ることができる。

<<メッセージ2>>
観自在菩薩が目の前にいる。ありとあらゆるものに姿を変え、あなたを救ってくれているのだ。傷つき悲しみ苦しんだときこそ、深く感謝しよう。
《解説》
生まれ生まれ死に死に、何度も何度も生を繰り返しながら数え切れない重荷を背負っていく。その重荷に押しつぶされ、傷つき悲しみ苦しんでいく。しかし、その苦しみも悲しみも、実は自らの重荷をなくすためのものであると知る者は幸いである。傷ついた瞬間に、悲しんだ瞬間に、苦しんだ瞬間に、今までの重荷が一つずつ消えているのだ。そこで、執着という新たな重荷の種を植えてはならない。重荷が消えていると心から喜び、真の喜びを植えていこう。観自在菩薩は、ありとあらゆる姿になり、私たちを導いてくれている。それは生き物ばかりでなく、時には無機物となり、時には出来事となり、仏であることへの道へと私たちを導いてくれている。傷ついたときこそ、悲しんだときこそ、苦しんだときこそ、深く深く感謝しよう。この感謝こそが観音菩薩そのものであり、また観音菩薩が目の前にいると知り、大いなる悲心で私たちを包んでくれていることを感じることができる。なぜ救われないのかと悩む前に、観音菩薩に祈りを捧げ観音の大悲を身語心すべてを使って感じ取ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守護尊カードについて

今月より、毎月二十一日前後に守護尊カードの内容を、このブログにアップしていきます。この内容は毎月二十一日の月例弘法大師の日に午前10時からのお祈りの際に、おみくじを引いていただき、それと引き換えに授与するお守りカード(守護尊カード)のものです。毎月6体の神仏様と、一体に付き二つのメッセージがあります。年間を通せば72体、144のメッセージがあることになります。本来ですと高家寺に来ていただいて、おみくじを引いていただくことが良いと思います。信者さんの声のほとんどが、驚くほどに自分にピッタリのメッセージがやってくるとおっしゃっています。この結果には作った私自身が驚くほどのものばかり。体験していただければ、ご理解いただけると思います。

このカードのために、このブログ内にカテゴリーで「守護尊カード あなたの曼荼羅を作る」というものを新規設定いたしました。

毎月の予定ですが、合間の時間にアップしますので、タイトな時間設定はできませんので、そのあたりはよろしくお願いいたします。

尚、あくまでもここに記したのは高野山真言宗の統一見解ではありません。高野山真言宗の一田舎寺の住職が、学んできた内容をベースに感得した内容です。伝統的なものを現代社会に分かりやすく取り組むために、かなり強引に月別や各部に分けた感は否めません。また、本来ならば金剛界や胎蔵の両部の曼荼羅をそれぞれ別々に正確に説くべきなのでしょうが、そのあたりは学者の方々にお任せしまして、あくまでも最前線のお寺で信者さんにお渡し、仏の世界とより深く結びついていただくことをベースに作られたものです。

ここに記された内容で優れた点は、すべて、高祖弘法大師や、師匠の松長管長猊下を始め私に教えを説いてくださった多くの古今の先師の方々の成果です。逆に稚拙であったり良くない部分がありましたら、それはすべて私個人の責任です。その点もご了承願います。

この内容はあくまでも2.1の内容です。今後も2.2  3.0  4.0などとヴァージョンアップを行っていきます。そのヴァージョンアップも、多くの方々と共に改良を重ねていきたいので、ご意見があればいろいろお寄せください。

では、よろしくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年12月 »