« 孔雀明王 11月守護部 | トップページ | 大黒天 11月天部2 »

2007/11/20

風天 11月天部1

風天:オン バヤベイ ソワカ

[特徴]八方天、十二天の一。西北の守護神。インドでは世界最初の原人プルシャの胸から生まれ、息と関連深い。有名な物語の『ラーマヤナ』のハヌマーンや『マハーバーラタ』のビーマの父である。また風が荒ぶると山をも砕くことから、力の強い神として尊崇される。この風天が、ガルーダのいない隙に須弥山を吹き飛ばしてできた島がスリランカであるという。一方、風は速きこと並ぶものがいために疾速の象徴であり、一切の衆生を救うことが早いことをも意味する。

<<メッセージ1>>
外に出て風を皮膚で感じよう。風の持つ性質を見よ。風は目に見えなくとも力強く、一切の塵を払い、熱を冷まし、隙間を通り抜け、ものをよく運ぶ。あなた自身が風であれ。
《解説》
風は目に見えない。しかし、台風が起きれば、その威力は凄まじい。大木をなぎ倒し、家々さえ破壊する。同じように、煩悩を破壊するのに絶大な力を発揮する風のようであれ。風は一切の塵を払い去るように、煩悩という塵垢を吹き飛ばす風のようであれ。風は熱いものをその冷気でよく冷ますように、煩悩という灼熱をよく冷ます風であれ。風は隙間があれば、そこに入り込み、通り抜けていくように、何物に執着しない風であれ。風は、力強く物を運ぶ。飛行機も凧もみな風に乗る。同じように、あなたも衆生を運ぶ風であれ。風を感じ、風の持つ性質を観じ、あなた自身が風となって、衆生のためによく活動せよ。

<<メッセージ2>>
呼吸をよく統御しよう。呼吸は、最良の薬。呼吸は力の源。はいて、吸う呼吸を強く意識しよう。
《解説》
呼吸をよく統御するよう、守護尊カードは求めている。呼吸は、その字のように、息をはいて吸うという順がある。まずゆっくりとゆっくりと、息を吐く。あなたの中の煩悩や障碍・濁りを外にまず出すことから始める。そして、自然に体の中の熱を冷ます清き風を中に入れ、新たな力を得よう。

|

« 孔雀明王 11月守護部 | トップページ | 大黒天 11月天部2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風天 11月天部1:

« 孔雀明王 11月守護部 | トップページ | 大黒天 11月天部2 »