« 僧侶の倫理 雑考 | トップページ | 本来のお寺のあり方を改めて確認 »

2005/12/05

やりたいこと やらねばならぬこと

あなたは「やりたいこと」「やらねばならぬこと」
どちらにウェイトを置いて生きておられますか?
その割合はどれくらいですか?

主婦は家事に80%、会社員や商売人は仕事に80%
自分にやりたいことは20%というのが
ほとんどの方ではないでしょうか?

リチャード・コッチの本を三冊ほど読みました。
その中で繰り返し説かれているのが
自分の本当にしたいことを80%にして生きることが大切
ということでした。

少し考えて見ると。。。
今の私は42歳です。
一般の定年といわれる60歳までは残り20年をきりました。
もし、私が会社員であったのなら
16年をやらねばならぬこと、やりやいことを4年。
そんな生き方をしなくてはなりません。

実はつい最近まで私は好きで僧侶になったのに
いつのまにか義務が80%で生きていたのです。

コッチの本を読んで
少なくとも私はそんな生き方はイヤだと思いました。

浪切不動尊の前で祈り。
そして不動の決心・・・
「やりたいことをやる」

その決心をしてから不思議なことが
次から次へと起きはじめました。
抱えていた諸問題が
びっくりするくらいの速さで解決し始めたのです。
「やる」という決心一つで。

どうも私たちは勝手に「やらねばならぬこと」を
頭の中で作り上げているのではないでしょうか?
本当はやらねばならぬことは、
人生では20%程度しかないような気がします。
そしてそれに「気づいた人」は、
様々な人生の呪縛から解放されていくのではないでしょうか?

あなたは、「やらねばならぬこと」に縛られて生きますか?
それとも自分が勝手に想像した呪縛から解放され
「本当にやりたいこと」をやっていきますか?

それでも、やらねばならぬことにこだわる人へ

どんな生き方が自分にとって幸福なのか?

やらねばならぬことばかりやる人生が幸福か?
やりたいことをやる人生が幸福か?

どの道を選ぶにしても自分の決意しだいです。


|

« 僧侶の倫理 雑考 | トップページ | 本来のお寺のあり方を改めて確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やりたいこと やらねばならぬこと:

« 僧侶の倫理 雑考 | トップページ | 本来のお寺のあり方を改めて確認 »