« 動物愛護とは | トップページ | 前住職逝去 »

2004/11/24

伊勢神宮

伊勢神宮に行ってきました。朝、9時に外宮に。近隣の方にご案内いただいたのですが、外宮の場合、本宮よりも別宮の多賀宮にとてもすばらしい霊気を感じました。特にすごいなぁと感じたのは、弘法大師が修行されたときに使用したといわれる井戸のの跡。ここ一帯はある場所から突然空気の感覚が変わったのです。ビックリしました。何か妙に新鮮な感覚でした。そしてこの外宮全体が包み込む女性的なエネルギーを感じたのです。
一方、内宮。ここはとても作られたもので、整然としていて男性的。五十鈴川で手を洗い、脇にあるおそらく竜神を祭ってあるであろう別宮。そして本宮も、本宮以上にパワーを感じる別宮の荒霊も男性的なエネルギーを感じました。
ひょっとすると、内宮が男性で、外宮が女性かもしれません。そうすると斎王がなぜ皇室関係の女性に限られていたのか、判る気がします。天照はほんとうは男性なのでは、そう感じさせられました。
偶然にも新嘗祭で、行事のあり方の一端を見せていただいたことも併記しておきます。
(2004/11/24)

|

« 動物愛護とは | トップページ | 前住職逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮:

« 動物愛護とは | トップページ | 前住職逝去 »