« 「ヒカルの碁」に観た仏教 | トップページ | 伊勢神宮 »

2004/11/12

動物愛護とは

動物愛護とは
妻リツの紹介で、動物愛護を実践されているALIVE(地球生物会議)の代表野上さんとお話をする機会を得た。偶然にも、野上さんは我が師匠松長門主様と二十年前に仕事をしていた旧知の仲。これを縁と想い、東京神田の学士会館で、松長師と野上さんの対話を設定した。いろいろな話で盛り上がった。
ショックだったのは、猿が年間10,000匹、熊が年間2,000頭殺されているという現実であった。
昨今のペットブームも、実はとんでもない事態を引き起こしている。チワワが人気になったために大型犬が余剰となってしまったこと。愛玩であり、共に生きるという視点が欠落していること。
さらに、アライグマなどの輸入動物が繁殖して、地域的に問題になってしまったこと。
人間の欲望のために、動物たちまでもがその命を弄ばれはじめている昨今、もう一度いのちの尊厳を見つめ直さねばならないのではないだろうか。
私たち仏教者もペット供養などとするのではなく、動物供養なり、有縁精霊供養なり、名前も考えねばならない気がする。
この問題、今後も常に考えて生きたい。

2004/11/12

|

« 「ヒカルの碁」に観た仏教 | トップページ | 伊勢神宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護とは:

« 「ヒカルの碁」に観た仏教 | トップページ | 伊勢神宮 »