« 2003年8月 | トップページ | 2003年11月 »

2003/10/30

対処療法と根本治療

先日、ある砂防協会で環境問題の講演に行ってまいりました。そこでお話したのは、「砂防は人命を救う大切なものではあるが、それは人間中心の考えで、結局は生態系を崩し、より一層の砂防を必要とする環境を作り上げているのではないか?砂防という出口ばかりに眼を向けるのではなく、生態系全体を見つめもっと山や渓流全体を見つめる根本措置が必要なのでは。」と提言してきました。地域環境では、砂防を代表とする対処療法にばかり眼が向けられ、山や森・渓流に全体に代表される根本治療をしていません。
同じように、人間の身体でも言える気がします。喘息やアトピー。私にはアレルギーがあります。しかもIg-Eの値が10,000を超えるひどいものです。喘息の場合は気管支拡張剤を、錠剤や吸入を使って対応し、ひどいときには副作用は承知でステロイド剤を服用しています。その場での対処は出来ていますが、根本解決はしていません。今は根本解決に向けて、食事療法をしています。
地球環境も同じで、科学技術という対処療法にばかり気を取られ、地球の自然環境の自己治癒能力内での開発を進んで考えるという根本を見つめていません。
一方、環境主義の人はどうか?対処療法を非難し、根本ばかりを訴え、お互いに一緒に解決をしていこうという姿勢を持ちません。砂防がなければ人命が失われます。経済的にも莫大な被害が出ます。気管支拡張剤がなければ、喘息患者の死亡率は格段と上がってしまいます。技術革新がなければ、今以上に環境破壊は進んでいたのも事実です。
根本治療と対処療法は両者を見据えつつ、行っていくべきのもの。環境問題も医学の問題も、おそらく福祉の問題も教育問題も、この視点が必要なのではないかと思います。
そういえば、弘法大師の師匠の恵果阿闍梨は、お腹のすいたものにはまずは食事を、それから法を説くように勧めています。食事は対処療法、法を説くのは根本治療。どちらもとても重要なものですね。この二つを見つめる始点を忘れないで進めて生きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/10/07

モノ

9月28日・10月5日、師匠の松長有慶高野山大学名誉教授が高野山大学の公開講座(名古屋 八事山興正寺)で授業を行いました。18年前に師に入門して以来、何度も講義を受けてきたのですが、こうして住職として現場に居る身としての授業は格別なものがありました。

今回の講義は弘法大師の生涯を通し、私たちの行き方ということにテーマが貫かれていました。その中で面白い話がいくつもあったのですが、その中でも「モノ」の話は改めて感じさせていただきました。

日本語のモノは「者」「物」両者に通じます。一例を挙げると、ロボット。アメリカ映画「スターウォーズ」ではロボットはC3POという記号の配列。しかし、」日本のアニメではアトムとか、ソニーのロボットもアイボとか人格的な名前を認めます。そのほかにも、物に名前をつける習慣は日本に多くあります。物に名前をつけて、そしてそれが無機物であってもその存在意義を認め、命を見出すのが日本語。
この物にも命を認める発想は非常に大切なもの。この考え方は、動物・植物だけでなく、土や水や火、風、山、川、空、海、地球、宇宙にも命を感じるもの。今エコロジーが叫ばれる中、こうした考え方は重要なのではないかと思います。
妻も私も環境省登録環境カウンセラーですが、まさにこの師匠の話から感じさせていただいたことは、エコロジーを見つめなおす上でも重要なものでした。

師匠は本当にありがたいものです。縁をいただけたこと感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/10/03

静かなブーム?ベジタブルカレー

最近ベジタリアンに近い食事をしている。おかげで2ケ月で8kg痩せ、そこから1ケ月ほど安定した体重である。野菜は両親が自宅横の畑で、この7年ほど有機栽培をしているものを作っているので、ほぼ季節モノが間に合っている。お米も玄米を基本にしている。ビタミン類はほぼ十分獲っていると思う。ただたんぱく質源がない。そこで近所のスーパーによく買い物に出かける。有機納豆と有機豆腐を手に入れるためだ。そのついでといっては何なのだがあちこちの品を覗いて、最近どんなものが流行っているかを確かめている。<BR>
この一ケ月ほどだがレトルトのカレーの内容が変わってきた。ベジタブルカレーが4種類ほどスーパーに並び始めたのだ。コンビニもそれと同じ傾向である。健康ブームのおかげで、お肉や魚の過剰な摂取を疑問視し始めたのだろうか?これも単なるブームなのだろうか?<BR>
この静かなブームに便乗して、肉食ということを少し考えてみたくなった。慈悲の心の肉食制限。しかし野菜にも命がある。命とは何なのか?<BR>
この地球を見つめると、生物は他の生物を取り入れて生きていることは紛れもない事実である。生き物は他者の命を取り入れることで生き永らえている。命とは何なのか?<BR>
感情が濁ると血の色も変わるという。動物たちが悲鳴を上げて死んでいくともちろん血の色も変わるであろう。そんなお肉を摂り入れて本当に大丈夫なのだろうか?その動物の意識は入らないのだろうか?<BR>
いろんなことが次から次へと思い浮かんでくる。<BR>
食事一つから命を見つめていくと、「いただきます」の言葉が妙にありがたさを増してくる。<BR>
<BR>
ベジタブルカレー一つからいろんなことが連想されて面白い。(2003/10/3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年11月 »