« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003/07/21

足元を見る

7月19日、滋賀県長浜市の田村山に行きました。そこは、血の繋がりこそありませんが、私の先祖の北川家(父が子養子:祖父孫八が八代目。私で十代目)の出身地大戌亥の氏神でもある忍海神社(おしのべじんじゃ)がある場所です。そこで、不思議な縁に導かれ深い祈りを捧げてきました。
この忍海神社を調べていくうちに、高家寺のルーツまで探すことになりました。寺伝では、江戸幕府の役職である高家に関係があると言われていたのですが、国会図書館などで調べると、どうも異なっているのです。加納藩主戸田 (松平)丹波守光重公が播州明石より美濃加納(現岐阜駅南)に転封します。それに従った住台寺院主の祐加上人の開基で、「二の丸殿」(光重公の姉妹 母は徳島藩祖蜂須賀家政の娘 上野七日市藩 二代藩主 前田利意正室 後に離別)の発願。発願の理由は分かりませんが、早世し跡を継がなかった父加賀守忠光または母の供養、または正親町三条家から続く先祖累代の供養のためではないかと考えられます。江戸幕府の役職高家とは何の関係もありませんでした。「高家」の名前の由来は戸田松平家が大臣家の藤原閑院流の正親町三条家の支流であることを公称していたため、公卿を意味する「高家」を用いたものであると想像されます。戸田松平家の家紋に正親町三条家の連翹襷をわざわざ用いていることからも推測されます。
今回の忍海神社および「諸神の岡」「多々岡」と呼ばれる田村山へは、実に不思議な導きがありました。まさに先祖の命と、氏神様の命が私を導いたようでした。おそらく先祖方は、この田村山に上り琵琶湖を見つめたと思います。血の繋がりはなくとも、先祖があり自分が居ることを改めて実感。
また、それを調べていた国会図書館で、偶然にも高家寺の歴史に触れ、今までの寺伝では分からなかった部分が解明されました。これは先師かたや祈願されたり祀られた方々が私を導いてくれたようにさえ感じます。先師がいたからこそ、今私はお寺の住職をしています。
更に、忍海神社を調べていくうちに、日本で初の女性天皇でありながら、天皇としては認められていない飯豊天皇(青海姫・忍海姫)を知り、今はその天皇のことを調べています。
これらのことを思うと先祖に対して先師に対して、祀られた方々に対して、縁のある方々に対して祈らざるを得ない気持ちになってきます。自分のルーツ、つまりこれは、足元を見つめて歩むようにという、メッセージなのではないかと今は感じています。自分が出会ったメッセージをどのように受け止めるか、このあたりに大きな意味合いがあるのではないでしょうか?21日の毎月の法話を話しているうちに自分自身へのメッセージを発している自分に気づきました。足元、それは今のお寺を知り、自分のルーツを探り、そこから今の自分を見つめなおし、社会と関わっていくことではないかと今は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/07/10

最善のときに心の扉が開かれる

昨年、一月に高山の友人より一冊の本を借りた。『愛と慈悲のガユーナ・セアロ』(知玄舎)。正直言って、その際はその本を読むことができなかった。なぜか私の胸に壁が張られたためである。ところが、その月に妻のリツがミャンマーに行った際に、そのガユーナ・セアロと空港で出会い、一緒に写真を撮ってきた。その共時性に驚いたが、やはりまだその本は読めなかった。
先月末より私は少し体調を崩している。そのために、高山のその友人の病院に行った。そこで担当医の院長より一本のビデオを借りた。その日に出会った人々はなぜか皆、ガユーナ・セアロの石川県七尾市での講演を聴きに行った人々ばかりであった。
翌日、帰宅後、妻と共に彼の講演ビデオを観た。今流行のスローライフではないが、心地よい流れの講演。半分眠りながら聴いたが、その言葉は深く染み込んできた。僧侶の講演でこれほど心を動かされたのは初めてであった。そしてまたその翌日に、彼の本を一度の読むことができた。時をやっと得たようだ。病が私を導いてくれた。
ガユーナ・セアロ。正式名はウ・サンディマ。ミャンマーの僧侶。そして彼は日本人であった。彼は1995年に様々な体験をして出家した。そして奇跡という言葉に値する行いをし、今は世界を駆け巡っている。まだ僧侶になって八年。しかしその発する言葉は、今まで聞いた僧侶の話の中で、最も核心をついたものであった。彼のことは彼の支援サイトを観ていただきたい。<A href="http://gayuna.cool.ne.jp/">http://gayuna.cool.ne.jp/</A>

本も人も、自分にとって必要なときに目の前に現れるわけではない。前もって何らかの示しがある。そして時が満ちたとき、心の眼が開かれ、自然にそれらが飛び込んでくる。今回、まさにそれを体験した。ありとあらゆる事象は、その人にとって最善の少し前に現れ、最善のときに心の扉が開かれる。これを知る者は幸せといえる。今、私にも進行しつつある不思議な出来事がある。おそらくこれも、もうしばらくした段階で心の扉が開かれるのであろう。この世の中はすべての人が主人公。唯識の教えを今実感しつつある。(03/07/10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共時性(シンクロニシティ)

6月21日・22日に高山の友人が滋賀県長浜市を訪れました。そこで、小さな岡が眼に入り、麓の神社に行ったそうです。「そこに入ると、まるで古代の神殿に立っているようであった」と友人は語ってくれました。「翌22日も気になり、岡に登ると、そこに窪地があり、とてつもなく大きなエネルギーを発していた。その山でとてつもなく大きな蜂が現れた。その蜂を見て、数字の八を思い浮かべた。」とも。私はその神社の名前を聞いて驚愕しました。神社の名は「忍海(おしのべ)神社」。神社名鑑にも載らない、非常にローカルな神社です。実はその神社に北川の祖父が灯篭を奉納していたのです。15年ほど前に、大叔父と父と共に訪れたことがあります。祖父の代まで、北川家は長浜市大戌亥に在をなしていました。その大戌亥の氏神が忍海神社だったのです。そしてその祖父の名前が、「蜂」ならぬ「孫八」。とても大きな流れを、その友人と共に感じました。更に、今月19・20日と、二人とも別件で長浜に行く予定になっていて、再度驚かされた次第です。
こうした偶然の一致(共時性)のようなことは、本当は日常茶飯事なのでしょうが、気づかない人には全く気づかずに済んでしまうのが普通です。人と人の繋がりだけではなく、人と土地、人とモノ、人と時、人と機会には大きな流れがあるものです。この流れを無視するか、その流れに逆らうか、その流れに乗るかはその人次第です。自分自身を自己実現していくためにはどうしたら良いのかはとても重要です。私たちはこうした共時性のなかで大いなる命の一部として生きているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »