« 祖父の死に出会い | トップページ | 意思と力 »

2003/05/17

機械に生かされて

祖父が逝去しました。享年92歳。自転車に乗っていたところ、軽くバイクにぶつかり横転。頭を打ち、意識不明となり、4日後に心停止でした。
祖父が事故にあったという一報から、各務原市から一宮市まで、すぐに病院に駆けつけました。すでに意識はなくなり、自分では呼吸できない状態で、人工呼吸器をつけた状態でした。祖父は目を半開き。既に瞳孔は開いており反応はなし。血圧が急に下がり始めた段階で、遺族がまだ揃っていないということもあり、血圧安定の点滴を投与。担当医とは一本きりという約束でしたが、別の医師が来てその血圧の薬は打ち続けることになり、祖父はいやおうなしに機械によって生かされる状態になってしまいました。
3日後、血圧が安定し辛くなり、緊急招集。その晩は私は祖父の枕元に付き添い、翌朝まで。何度も血圧も脈拍も不安定になり、血圧は徐々に下がっていきました。祖父の体は何度も痙攣を起こしては安定し、安定しては痙攣。その繰り返しが5度ほど翌日の午前9時34分永遠の眠りにつきました。
私は外孫でしたが、祖父にとって初孫でした。そのためもあり、誰よりも手を掛けてもらいました。そんな祖父の膝元に居たせいか、祖父の言葉や考え方をもっとも身近に受けてきました。その教えが今の私を築いていると言っても過言ではありません。祖父は四男であるにもかかわらず、上三人が家出、駆け落ち、戦死という状況もあり600年続いた家の跡取りに。戦争では、丙種合格で、終戦局面で中国へ。ところが、足の骨を折ってしまい、無理をして行軍したために、強制つきに野戦病院に入院。祖父の部隊はその後全滅し、祖父のみが生き残りました。戦後数年は強制労働で抑留。帰国後は撚糸業を営み、多くの出稼ぎの若い方々を雇用。若くして仕事から離れ、私の面倒を見る頃にはボランティアばかりしていました。私は祖父のそうした自分や自分の家族よりも周りの者のために働く祖父に大きな影響を与えられました。
祖母は10年前に亡くなったのですが、その遺影を抱いて、今年の節分に顔を出した祖父。そして他の人たちにも顔を見せていたそうです。、なにか全てを終えるかのごとく、事故の日は観音様のお参りに行き、祖母の思い出話を仲間にし、そしてその日のうちに事故。観音様によって祖父は導かれたのかもしれません。
機械によって生かされる姿を私たちに見せてくれた祖父。今回の出来事で機械で生かされることの是非を家族で話しをしました。答えは、私たちの家族では最低限の延命措置はしても、決して祖父のようにはしない、これが今の私たち家族の意志です。
人の生き死にとは何か、答えはないと思います。逆を言えば答えはいくつもありえると思います。自分たちのことを家族間でしっかりと話し合っておくこと、これはとても重要であることを祖父は最後に教えてくれました。
(平成15年5月17日)

|

« 祖父の死に出会い | トップページ | 意思と力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械に生かされて:

« 祖父の死に出会い | トップページ | 意思と力 »