« 読書の勧め 意識の形而上学 | トップページ | お彼岸と大乗 »

2003/03/10

イラク攻撃に思う

アメリカ(米)イギリス(英)スペイン(西)によイラク攻撃に対する是非が世界的規模で賑わしている。この騒ぎに乗じて、賛成する人も居れば、反対する人も居る。戦争はもとよりないほうが良い。しかし、今回の騒動はイラクへの攻撃云々をつかった、大国同士の政治世界における綱引きなのではないだろうか?
フランス(仏)やドイツ(独)、ロシア(露)、中国(中)の各国はイラクに相当の投資をしていると聞いている。米英の攻撃があると、その投資がふいになってしまう。つまり、彼らは国際問題ではなく国内問題として戦争反対を訴えているようだ。
しかも、世論を煽って自分たちはいかにも正義であるかのように見せかけ自分たちの本当の事情を知らせていない。
一方、米英西はイラクに投資してこなかった。ここでイラクをたたけば、自分たちに石油の利権が転がり込んでくる。また西は歴史的にイスラムとはいろいろあるし・・・。だから戦争容認。
そして日本は・・・世界のそういった国々に踊らされているだけの存在・・・。

イスラムと非イスラムという視点、石油の利権という視点、バクダットという土地の歴史的地理的な視点、このあたりを無視しての反戦運動は、私はやはり賛同しかねている。既に米英は拳を振り上げてしまった。その拳を下ろすにも大義名分が居る。フランス側でもなくアメリカ側でもない、第三の道を探すことはできないのか・・

私は思う。仏教者であるのならば、戦争反対であるのは当たり前だが、まず戦争云々に対して賛否の発言をする前に、その争いの元は何であり、何が起きているのかを見極め、その上で自分とその周りに振り返ること。その上で、他者の判断ではなく、世論に惑わされるのでなく、自分自身はどう思いどう行動するのかが大切なのではないだろうか?戦争そのものを他者の出来事と思うのではなく自分自身のこととして感じているのか?そして自分自身が、米英西のようなことをしたことはないのか?仏独露中のように、本当の理由を裏に隠しの格好だけをつけたことはないのか?こうしたことを踏まえたうえで発言なり活動なりする必要があると思う。

自分と異なるものを認める。この辺りにヒントがあるような気がしてならない。(2003/03/10)

|

« 読書の勧め 意識の形而上学 | トップページ | お彼岸と大乗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク攻撃に思う:

« 読書の勧め 意識の形而上学 | トップページ | お彼岸と大乗 »