« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »

2003/03/29

イラクへのコメ支援に思う

今朝のニュースで、政府農林水産省がイラクにコメ支援をすることを検討中とのこと。国内のコメ余りもあるし、海外から輸入もせざるを得ない状況下、特に輸入したコメを、イラクへ供出するというもの。コメ輸出国に対しての支援、イラクへの支援、コメ余りの解消と良い事尽くめのように一見見えるこの政策、本当にまともなものなのだろうか
かつてイヌイット(かつてはエスキモーと呼ばれた人々)の食糧支援として、アメリカ政府が小麦の供出を行ったことがある。ところがその際にイヌイットは、飢餓のさなかなのに、その小麦を食べなかったとのこと。これは、生肉を食べる食文化に、小麦を押し付けた典型的な文化押し付け支援であった。
今回の日本も同じではないだろうか?イラク周辺では、長粒種が好まれるから、海外から日本が買取り、それをイラクへ供給するというもの。しかし、イラク周辺の文化は、コメ文化ではない。コメならば長粒種ということであって、決してコメ文化ではないのである。そこへコメを供給するというのは明らかに文化押し付け支援ではないだろうか
支援をするという事は、その地域の伝統文化を尊重した上でのものでなければならない。そこを無視する事はその地域の文化は会社になってしまう。日本政府には、この辺りのところをもっと考慮してもらいたいものだ(代議士公設秘書の家内を通じてこのことを農水省に提言するつもりだ
ひょっとすると、このコメ支援は、「米」という名前のアメリカ支援を表しているのだろうか?ここまで考えているのならば日本の政府はある意味たいしたものだ。 (2003/03/29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/28

大きな戦争から身の周りの紛争を思う

騒げば騒ぐほど頑なになる人たち、私はそんな人たちをたくさん見てきました。追い込みすぎると窮鼠猫を噛むの喩のようになってしまいます。アメリカもフランスもイラクも皆が頑迷になりすぎた気がします。一人の人が悪いのではなく、そうした人たちを権力の座につけてしまった私たちの問題。そうした人たちの権力を長引かせてしまっている私たちの問題。

私は感じています。大きな戦争を見て、私たちは自分たちの周りにおきている小さな紛争を収めるように努力しているでしょうか?周りの小さな紛争を放っておくことこそ、実は戦争を呼び起こしている温床であるということを私たちは忘れていないでしょうか。

戦争を見て平和を祈る心のある人たちに伝えたいです。イラク攻撃は残念ながら不可避の状態にまでなってしまいました。ならば、まず私たちの周りにある紛争を解決するために、夫婦仲良く、親子仲良く、近隣仲良く、周りと仲良く、苦手な相手とは少し距離を保っていくことが第一歩。そこから平和への本当の祈りが始まる気がします。

自分を省みて初めて他者へものごとを伝えていく、私はこの教えを高野山で叩き込まれました。そして最近になりその意味が少し見えてきた気がします。

平和のために自分が出来ること、それは他者に非難したり、責めたり、自己主張をすることではなく、まず自分の周りから、そしてそれを大きなネットワークにしていくこと、私はそのように思ってい
ます。

ちなみに私は夫婦仲は良いですし、親子仲も、兄弟仲も良いです。ただまだまだ近隣や周りすべてと仲良くはなっていませんので、そうした方々とは距離を保つように努めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/21

過ぎたるは及ばざるが如し

目の不自由な方を、皆さんが介助者であった場合、どのように誘導されますか?階段の上り下りや障害物のある場所などの誘導を想像してみてください。

多くの方々は、手を持ち、腕を抱え、時には腰を持ったりして過剰に補助をしようとします。ところが、同姓や、身近かな方の場合は良いでしょうが、異性ですとセクハラととられても仕方がない場合もあります。

本当は、目の不自由な方の前に立ち、自分の肩に目の不自由な方の片手を乗せて、前を歩くだけで十分なのです。階段があれば、その上下運動で相手に伝わります。障害物があれば、その左右の動きで伝わるのです。

人と人との関係もここから大いに学ぶことができます。過剰に相手の領域に踏み込むのは友情ごっこであって、自分の心を満足させるだけのもの。親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、ある一定の距離を保つことは非常に大切なことです。そしてその一定の距離こそが、本当の意味での思いやりになります。

過ぎたるは尚及ばざるが如し。人と人との関係においても、このことを心がけていたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/17

お彼岸と大乗

お彼岸に入りました。寒さ暑さも彼岸までといいます。間もなく春爛漫。
彼岸は現代風に言えば春分や秋分の日。昼夜が半分ずつ。そこから大乗仏教思想である中道に想いを馳せることが出来る時期。
彼岸は、太陽が真東から上り真西に沈む時節。東は瑠璃光薬師浄土を、西は極楽阿弥陀浄土。ご先祖様のご恩を感じ取り、自分自身のありかたを見つめてみるきっかけを与えてくれます。自分自身がこの世の中でしっかりと生き抜くことこそが、最上の先祖供養。この生で一歩でも自分自身を深め、広げ、高めることこそ、ご先祖様方が望むこと。だからこそ自分自身を見つめる上でもお墓参りはこのお彼岸の時期には重要といえます。
彼岸は、太陽が真っ赤に西に沈む時節。赤い色は慈悲を象徴する色。慈しむ心は、目の前に可愛い赤ん坊がいるときに心に湧きやすい温かな心。悲しむ心は他者の苦しみや痛みを自分自身のことのように感じ取る優しい心。この両者があいまって慈悲。そしてこの慈を象徴する仏様が弥勒菩薩(慈氏菩薩)。現在は神(天)の世界であるトソツ天で、神様を相手に説法されてるといわれています。悲を象徴するのが観音菩薩であり阿弥陀如来。赤い太陽を見つめることで弥勒菩薩、観音菩薩、阿弥陀如来を想い、慈悲の心を感じ取る事が出来る季節です。
そのほかにも、おなかを満足させる食べ物は心を満足させる禅定を、喉を潤す水は物質的に精神的にも潤す布施を、それらのお供えするものは象徴していまし、いろいろ感じ取れるのではないでしょうか。
これを機会に、自分の周りにありふれているものに大乗仏教の思想を読み込んでいくことも、自分自身に大乗仏教を修めていく一つのあり方のような気がします。 (2003/03/17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/10

イラク攻撃に思う

アメリカ(米)イギリス(英)スペイン(西)によイラク攻撃に対する是非が世界的規模で賑わしている。この騒ぎに乗じて、賛成する人も居れば、反対する人も居る。戦争はもとよりないほうが良い。しかし、今回の騒動はイラクへの攻撃云々をつかった、大国同士の政治世界における綱引きなのではないだろうか?
フランス(仏)やドイツ(独)、ロシア(露)、中国(中)の各国はイラクに相当の投資をしていると聞いている。米英の攻撃があると、その投資がふいになってしまう。つまり、彼らは国際問題ではなく国内問題として戦争反対を訴えているようだ。
しかも、世論を煽って自分たちはいかにも正義であるかのように見せかけ自分たちの本当の事情を知らせていない。
一方、米英西はイラクに投資してこなかった。ここでイラクをたたけば、自分たちに石油の利権が転がり込んでくる。また西は歴史的にイスラムとはいろいろあるし・・・。だから戦争容認。
そして日本は・・・世界のそういった国々に踊らされているだけの存在・・・。

イスラムと非イスラムという視点、石油の利権という視点、バクダットという土地の歴史的地理的な視点、このあたりを無視しての反戦運動は、私はやはり賛同しかねている。既に米英は拳を振り上げてしまった。その拳を下ろすにも大義名分が居る。フランス側でもなくアメリカ側でもない、第三の道を探すことはできないのか・・

私は思う。仏教者であるのならば、戦争反対であるのは当たり前だが、まず戦争云々に対して賛否の発言をする前に、その争いの元は何であり、何が起きているのかを見極め、その上で自分とその周りに振り返ること。その上で、他者の判断ではなく、世論に惑わされるのでなく、自分自身はどう思いどう行動するのかが大切なのではないだろうか?戦争そのものを他者の出来事と思うのではなく自分自身のこととして感じているのか?そして自分自身が、米英西のようなことをしたことはないのか?仏独露中のように、本当の理由を裏に隠しの格好だけをつけたことはないのか?こうしたことを踏まえたうえで発言なり活動なりする必要があると思う。

自分と異なるものを認める。この辺りにヒントがあるような気がしてならない。(2003/03/10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/03

読書の勧め 意識の形而上学

ふと手元にあった、井筒俊彦さんの『意識の形而上学  大乗起信論の哲学』(中公文庫)に目が行きました。大乗起信論はまさに大乗仏教の心にかかわる問題を扱った代表作
井筒氏はイスラム研究の第一人者(惜しいことに既に故人)。その彼が大乗仏教のテキストを、現代的視座から見つめなおした本が、この『意識の形而上学』です。
いろいろな点で考えさせられる本ですが、まず第一に、古きテキストを現代の視点から見つめなおすという姿勢。これは非常に重要なもの。その昔、儒学でも陽明学と朱子学、訓古などがありましたが、それもその当時当時の視点で四書五経を見つめたものであり、その姿勢が人々を多く感化してきました。哲学なき時代といわれていますが、ないのではなく、置き忘れている様に思えるのです。今、社殿の奥や研究室や本屋の棚に仏教経典を置いておくのではなく、まさに現代の視座から読み直す必要を感じています。
次にこの本は二つの視点の大切さを教えてくれます。全体と部分。一と多。一方に偏るのではなく、二つの相矛盾した概念を大きく包み込むことによってダイナミズムを生み出すという、楕円の思想とも言うべきものの見方を教えてくれています。これも現代文明にとって大切な視点。
そのほかにもいろいろありますが、ぜひこの書物、一読してみてください。日本仏教のそこに流れる思想に、現代の視座で触れることができますから。(2003/03/03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »