« ほどほどに | トップページ | 富士山を見て »

2003/01/29

癸未年(みずのとひつじとし)

間もなく節分を迎えます。立春の一日前。この時期、旧正月が近いことから、立春から新たな干支が始まると言われています。
平成15年は癸(みずのと)未年。癸は、揆を語源としています。揆とは、「はかる」「方法」「やり方」という意味があります。道筋を立てて、図る。それが揆の意味です。
癸という年は、筋道を立てて、処理をしないと、混乱を招くもとを作る年です。もし混乱すると大破壊を招きかねない年。こういう年は万事に筋道を立てて考慮しなければならないといわれています。
一方、未とは味が語源です。草木の果実が成熟して滋味を生じた様子を表しています。旧暦の六月の時節を象徴しています。
癸未年は、まさに結果が生じる年。筋道を立ててしっかり執り行えば、滋味を得た果実を得ることができますし、筋道を整えないと混乱してしまい、果実を得ることができなくなると言われています。
国家レベルではどうも混乱の年になる気配がありますが、個人レベルではぜひ筋道を整えてしっかりと歩んで行きたいものです。(2003-01-29)

|

« ほどほどに | トップページ | 富士山を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癸未年(みずのとひつじとし):

« ほどほどに | トップページ | 富士山を見て »