« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »

2002/12/21

四書五経と経世済民

 昔の学問は「四書五経」と言った。四書とは『論語』『孟子』『大学』『中庸』の四つ。五経とは『礼記』『詩経』『春秋』」『書経』『易経』の五つ。これは儒教の「ものである。しかし本来、この四書五経は僧侶の学ぶべきものとして打ち立てられたものだったようだ。恥ずかしながらそのこと自体は私は知らなかった。たまたま寺子屋で、論語や大学などを教えているので、私は四書五経に「目を通しているのだが、これも運が良いに過ぎない。今の僧侶は、四書五経を通読したこともないものが大半。いや一冊でも通読したものがあるだろうか。おそらくはほとんどイないのではないだろうか。
 四書五経を読んでいると、そこには経世済民の術が記されている。僧侶はこれらのものを超越しているべきものであるが、知らぬのではなく知っていて超越するのが本義。しかし残念ながら昨今では僧侶は経世済民という「言葉さえ知らなくなってきている。
 妻が代議士の秘書として国会裏にある衆議院会館に勤めているためもあり、最近私も日本の政治の場を目の当たりにするようになった。もちろん僧侶として一線は画しているのだが、ここで何かが物足りないことに気づかされるようになった。それが経世済民の教えである。
 かつての明治大正の政治家たちは、法律ではなく、この経世済民の教えをとことん身に着けさせられていた。そしてそれらの人たちは法律は知らずとも骨太の政治家であった。更に言えば、経済は二流国でも政治は一流国であった。今の政治に経世済民の教えはほとんど垣間見られない。なぜなのか?
 ある意味、私たち僧侶が「四書五経」を読まなくなり。修めるべき学問を修めなくなったために、指導力を失ってしまったからとも言えなくもない。このことは私も含めもっと僧侶自身が反省すべきことではないだろうか。自宗のお経さえ読まなくなったことも没落の始まりなのかもしれない。
 臥龍山修学院として、高家寺は温故知新を実践していきたいと思う。その実践のひとつが寺子屋活動である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/12/13

世界遺産に、熊野・吉野・高野山などが

世界遺産に、熊野・吉野・高野山 文化庁から推薦決定  
熊野・吉野・高野山などが文化庁より世界遺産として推薦されることが決まった。仏教フォーラムの吉野山人さんは吉野の宗務の代表として実に御尽力されたようだ。そのご苦労には頭が下がる。
吉野にしても吉野にしても高野山にしても、往古の面影を少なからず残し、日本人の心のふるさとのごとき様相を示している。これはとても大切なことだと思う。
しかし、問題はこれからではないだろうか?熊野・吉野に関しては、私自身はそれなりに満足するのだが、高野山は長年居たこともありその裏へもついつい目が行ってしまう。今の体制のまま世界遺産に登録されると、逆に高野山の悪さが表に出てこないか実に心配である。
「世界遺産に登録することで、観光客を増やす」こうした発想をしている限り、高野山の真の姿は隠れてしまう気がする。「世界遺産に登録されていないほうがおかしい」というくらいもっと真に魅力あるものをかもし出さない限り、結局は一過性のものとなり今となんら変わらないのではないだろうか。なぜ、白浜へ宿泊は行ってしまうのか?今の体制の何が悪いのか?なぜ?なぜ?ということを外の意見も取り入れ真剣に検討すべき時ではないのだろうか?
自動車交通規制、電線の地下埋設、魅力ある寺院運営、山内各宿坊寺院の独自性、地方寺院との関係など、こうしたことも文化庁に条件に出してもらいたかった。こうした外圧があってこそ始めて高野山は魅力ある世界遺産に相応しい場所になった気がする。
弘法大師の遺産を食い潰すのではなく、その遺産を下に現代に即した新たな命を芽吹かせていく、それが本来の真言密教の魅力であり、その根本道場である場所であって欲しいと心から願いたい。
ただこうした推薦にいたるまで、相当なご苦労があったと思う。吉野山人さんはじめ、今回ご尽力されたかたがたに改めて深く敬意(2002/12/13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »