« お墓と記念樹 | トップページ | 復讐心と気高き心 »

2002/10/28

お寺を守る意味

お寺に長いこと関わっているといつの間にか忘れてしまうことがある。それはお寺を守ることが第一となり、法を伝えていくという第一義的なことを忘れてしまうことだ。お寺を守るのは、法を伝えていく器を守ることであり、第二義的なことに過ぎない。しかし、お寺をどうするのかが今の仏教界の問題であって、仏教を使ってどうするのかということはあまり問題にならない気がする.
私たち僧侶は仏教によって生かされているのであって、仏教を守るというのはおこがましい気がする。仏教はそんな小さなものではない。しかし、だからこそこの仏教をどんな風に使っていくのかということは非常に重要なことの気がする。
時代時代により人の考えは変遷していく。釈尊が説かれたもの、先師方が唱えられたもの、その真精神は大切だが、その残骸に目を向けているといつの間にか大切なものを見失い、時代から取り残されていくのではないだろうか。
現代、時代に取り残された私たち僧侶は、仏教という大きな器によって生かされている。今、仏教に何かを求められているのではない。仏教に携わる者がそれぞれの仏教をどう生かすかが求められている。
お寺の境内という形を守るのではなく法を伝える器としてのお寺を守って生きたいものだ。
;(2002/10/28)

|

« お墓と記念樹 | トップページ | 復讐心と気高き心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お寺を守る意味:

« お墓と記念樹 | トップページ | 復讐心と気高き心 »