« 戒名・院号などを考える | トップページ | お葬式を考えてみませんか? »

2001/03/28

供養と回向の意味

 「仏さんを供養する」とか「御先祖さんに回向(えこう)する」ということを耳にされたことはありませんか?この「供養」と「回向」に明確な区別があるのは御存知でしょうか?物を供えたり、お経を唱えたり、法を説いたりすることを供養と言います。この供養をすることで、自分自身が功徳を得ることができます。その功徳を他の人(御先祖様など)へ回し向けることを回向と言います。つまり、一般に「先祖供養」と言っているのは、御先祖様を供養することではなく、仏様に供養したことで得た功徳を御先祖様に対して回し向けていることなのです。  ところがこの回向なのですが、「七分獲一(しちぶんぎゃくいち)」といって、自分で得た功徳の七分の一しか回向することはできないとお経に説かれています。  ではどうすれば良いのでしょうか?  真言宗では「相互供養」という言葉を大切にします。生物を含め全てに対してお互いに供養しあえば、その得る功徳も多く、回向もより効果的なのではないでしょうか。

|

« 戒名・院号などを考える | トップページ | お葬式を考えてみませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 供養と回向の意味:

« 戒名・院号などを考える | トップページ | お葬式を考えてみませんか? »