« 理想的な死 | トップページ | 心豊かとは »

2001/01/28

お布施

 お寺の檀家や信者だからといって、簡単に布施をするのではなく、根本を見直してみるのも良い気がします。「果たして、うちのお寺は私たちに成り代わり財施・無畏施・法施をしてもらっているのだろうか?」と。そして自らも「本当の布施をしよう!」と。
、伝統仏教での本来の「布施」とは何かを述べてみます。
 「布施」とはサンスクリット語で「ダーナ」の意訳。音役では「檀那(だんな)」。「旦那さん」とは「布施をする人」のことであり、「檀家」とは「布施をする家」を意味します。
 布施というと直ぐに「お金や財物を出すこと」と思いがちですが、布施には全部で三種類あります。
<財施(ざいせ)> 物を施すことを意味します。物を人に与えれば与えられた方は助かります。また与えた自らも、「貪る心」「物にこだわる心」を捨て去ることにも役立ちます。物にこだわったり、あれもこれも欲しいと思いがちな人には、とても役立つ方法です。お寺に財施をする理由とは何なのでしょうか。広くあちこちに布施をすることは一般の方々にはできません。その点、お寺には様々な方々が出入りしますので、そういう方々にお寺が成り代わって布施をします。またお坊さんは、後に示す法施をしますので、一般の方々はその代わりにお坊さんに財施をするのです。
<無畏施(むいせ)> 他人をも自分をも恐怖の心から逃れさせることを言います。特に自分自身に対しては、「耐え忍ぶ」ことができるようになっていくための方法です。世の中には不条理は多いです。自分が悪くなくとも災難がやってくることがあります。まさにその時が、この無畏施をするときではないかと思います.
<法施(ほうせ)> 教えを求めて来る人々に仏法を説くのが法施。お坊さんの仕事の第一はまさにこの法施。それは言葉だけではなく、生き方を人々に示すことも含めます。先祖供養をすることは、本来僧侶のすべき仕事ではありませんでした。その場を借りて法施をすることが先祖供養という方便の始まりだったのですが、いつのまにか逆転が起きてしまった様です。

お寺の檀家や信者だからといって、簡単に布施をするのではなく、根本を見直してみるのも良い気がします。「果たして、うちのお寺は私たちに成り代わり財施・無畏施・法施をしてもらっているのだろうか?」と。そして自らも「本当の布施をしよう!」と。

|

« 理想的な死 | トップページ | 心豊かとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お布施:

« 理想的な死 | トップページ | 心豊かとは »